Specialist

梅田 康弘
営業本部 企画制作部 ディレクション課
副部長・チーフプロデューサー
経歴
平成26年にキャリア採用で入社しました。以来、ずっと企画制作部に所属しています。
仕事の内容を教えてください。
営業本部のなかに企画制作部があり、我々はディレクターという立ち位置となります。クライアント・デザイナー・営業との打ち合わせに始まり、デザイナーなどクリエイターのスタッフィング、スケジュール管理や進行管理、課題や品質の管理など成果物のマネージメントを行います。
仕事の役割はなんですか。
ディレクターは自分で制作するわけではないので、効率よく制作に対応してもらうための方法や、ミスを防ぐための方法を考えるのがディレクターの役割です。無駄な作業を行わずに済むように先回りして準備し、制作者が最大限の力を発揮できるような環境づくりが大切になります。
制作物の流行をどう思いますか。
私たちの制作しているものは、ほとんどがグラフィックなので今の流行のデザイン傾向を意識することはあります。ただ、そればかりでもないので、デザイナー自身の感性に委ねる部分もありますし、それ以前にお客様がどういうものを作りたいのかを我々がいかに聞き出し理解して、その方向性に合ったものを提供できるかどうかだと思います。
仕事を進める際に心掛けているのはなんですか。
クライアントや営業との打ち合わせでも、制作側の代表としての対応を求められます。何か提案するときでも、なぜこの案なのか、制作者の意図や考え方をきちんと理解したうえで説明できるように心がけています。
やりがいはなんですか。
ディレクターは、ものをつくる以前の戦略フェーズをクライアントに近い立場で考えたり、関わっていくことも多くあります。単純にクライアントと制作をつなぐだけではなく、どんな状況であれ我々によってその案件やプロジェクトが活性化し、存在価値を発揮できればおのずとやりがいも感じてきます。
これから、どのようにしていきたいと思いますか。
昨今はデジタルデータやデジタルテクノロジーを活用したマーケティングソリューションがクライアントの課題となることが多く、それの支援を求められることも多くなってきています。そうなるとディレクターに求められる領域も変わってくるので、そのためのスキルを身につけていくことが今後は必要だと感じています。