環境に配慮した印刷資機材の導入

機材
  • ・UV印刷機
  • ・ブランケット自動洗浄装置
  • ・湿し水循環システム
  • ・環境配慮型刷版システム
  • ・環境配慮型現像機
  • ・廃液削減装置
資材
工場で使用するインキ・現像液・エッチ液等は、東京都の「グリーン購入ガイド」の水準2に準拠したVOC(揮発性有機化合物)の発生を抑えた印刷資材を使用しています。

工程のデジタル化

  • ・CTP化率100%
  • ・印刷工程の見える化ソリューション「X.System」(システム活用によるペーパーレス化)
  • ・環境配慮型デジタル印刷機

廃棄物の分別・削減

循環型社会の形成を目指して、資源のリデュース・リユース・リサイクルを推進するため、廃棄物の分別・削減に取り組んでいます

  • ・自動品質検査装置(損紙の削減)
  • ・インキ自動供給システム(廃インキ容器、廃インキの削減)
  • ・レンタルウエスの採用
  • ・廃棄物の分別の徹底による再資源化
  • ・廃液・有機溶剤の転倒防止措置
  • ・有機溶剤の特定と法定表示

省エネ・温室効果ガス削減

JTB印刷越谷・松伏工場は、埼玉県「ストップ温暖化・埼玉ナビゲーション2050」に基づく目標設定型排出量取引制度において、第1計画期間の温室効果ガス削減目標を達成しました。引き続き第2計画期間も目標達成に向け、日々努力しています。また、越谷市のECOこしがや推進事業所宣言登録事業にも自主登録しています。

  • ・冷暖房の適正温度管理
  • ・空調フィルターの定期清掃
  • ・設備機器の見直し(インバータ化・LED化)
  • ・アイドリングストップ

安全衛生委員会と安全衛生パトロール

工場全部署参加の安全衛生委員会と安全衛生パトロールを実施し、環境維持活動だけではなく、労働災害の防止と労働者の健康増進、さらに進んで快適な職場環境の形成を目指しています。