沿革

  • 1951年2月
    第二交通印刷株式会社を創立。中央区築地1-14に本社
  • 1952年5月
    日本交通公社出版発行の外国旅行案内を受注
  • 1954年2月
    交通印刷株式会社と改称
  • 1963年4月
    交通製本株式会社を設立
  • 1973年9月
    時刻表のコンピュータ化(DB・自動組版)に対応した株式会社電算プロセスを設立
  • 1985年8月
    印刷のカラー化に伴い、埼玉県越谷市に越谷工場建設
  • 1988年4月
    観光情報データバンクの構築を受注
  • 1989年3月
    時刻表の編集業務を委託
  • 1997年4月
    交通印刷株式会社と株式会社デンプロが合併し、JTB印刷株式会社発足、豊島区目白に本社移転
  • 1998年5月
    埼玉県松伏町に輪転工場を増設
  • 2001年2月
    創立50周年
  • 2005年10月
    株式会社JTBコーエイを合併
  • 2011年3月
    JTB(株主)85%の株を京都府に本社を置く佐川印刷株式会社へ株式譲渡。佐川印刷グループ企業として営業展開を始動
  • 2013年11月
    品川区南品川に本社移転
「特化型」と「汎用型」ともに活かすワークフローを!!
 JTB印刷のワークフローは、手がけている印刷物が時刻表や旅行図書、旅行パンフレットなどに特化している特化型に対し、佐川印刷のワークフローは、一般商業印刷に対応した汎用型であるので、それぞれのワークフローを活かし互いの営業ノウハウ、スピリットを生かした営業展開を行っていきます。