システム開発・ウェブ開発

データベースの活用は大きな可能性が秘められています。たとえば、数万人規模の名簿やリスト、数千箇所に渡る統計データ。パソコンデータを統合しデータベース処理を行うことで迅速な出力処理ができます。生データをそのまま利用するため情報も正確で、校正の必要もありません。ワンソース・マルチユース。ひとつのデータをさまざまな最終形へと利用していくこと。わたしたちはそれをDBP(データベースパブリッシング)と呼んでいます。JTB印刷では20年以上のデータベースのノウハウを、多くの企業・機関へと提供してきました。名簿や統計、速報や白書など、データをスピーディにまとめることができグラフ処理、画像データ等も同時に編集することができます。もちろん企画デザインから編集・印刷までトータルなサービス提供が可能です。このほか、DTPデータ入稿によるデジタルプリプレス、出力による簡易校正など、デジタルネットワーク環境に対応した各種サービスを展開しています。